勉強・進路

中学の定期テスト(中間・期末)5教科で合計400点を目指すためのあった2つの勉強法

こんにちはキム兄(kimkim3150)です。

僕は中学の頃の中間テストや期末テストはいつも平均点以下で、ひどい時は30点以下でした。

今は大人になり、「あの頃こうしておけばよかった」と後悔しています。

なぜなら、中学生の定期テストには攻略法があり、それを知っていれば勉強が苦手な人でも5教科合計400点を目指せるからです。

  • どんなに勉強しても50点以上取れない
  • 範囲が広すぎてやる気が出ない
  • 5教科400点なんて夢の話
  • 後ろから数えたほうが早い

 

そんな悩みを持つキミは、ぜひこの記事を読んで次のテストで実践してみてください!

 

合計400点を目指す勉強法

合計400点を目指すには勉強の方法を変える必要があります。

 

  • 狙う点数を明確にする
    →国語は80点、数学は65点など
  • 確実に取れるところの完成度を上げる
    →90%以上正解するように
  • 捨てるところを決める
    →諦めてもいい範囲もあります
  • 捨て問題もちょっとだけやっておく
    →取れたらラッキーくらいのイメージ
  • インターネットで調べる
    →教科書で探す時間がムダです

 

この5つを試してみてください。

特に目標点数を明確にするのは超必須!

「いい点とりたいなー」という意識で勉強するより「80点取りたい」という意識で勉強するほうが絶対に良い成績を取れます。

そして、「いい点とりたいなー」の人は70点でも満足してしまうのに対し、「80点取りたい」という意識の人は70点を不満に感じるでしょう。

この気持ちが将来(高校受験)に響いてきます。

 

テスト前の行動を変える

テスト前に慌てて勉強するのは効率的ではありません。

日々コツコツと実践すべき。

 

  • 覚えられるまでやろう!
    →何度も書く、声に出して読む、動画を見るなど自分に合った方法で!
  • 前日は9時に寝れるように!
    →前日に深夜まで勉強しているのは準備が間に合ってない証拠
  • 嫌いな教科もちょっとだけやる
    →基本的な所だけでもOK

 

個別対策法

各教科の対策法をお伝えします。

 

国語の対策法

まずは教科書を声に出して読みます。

【勉強を覚えたい】頭に入ってこない人は声に出して読むべき理由を解説!≫でも解説してある通り、声に出して読むことでかなり効率的に記憶されます。

どんな問題が出るか?というより、教科書を声に出して読んでみましょう。

 

実際に教科書に載っている文章は、有名で良い作品が多いです。

小説や文庫本だと思って読んでみると面白いですよ。

勉強だと思うからシンドイんです。

その後

  • 範囲内の漢字を覚える
  • 学校で使ってる問題集があれば解いていく
  • 余裕があれば学校で使っていない問題集を解いていく

 

ここまでやれば余裕です。

学校の問題集が無いよ!と言う方は、教科書の中を探すと問題集っぽいページがあるので、それを完璧になるまで解いてみましょう。

 

社会の対策法

社会も教科書の音読が重要です。

国内外の情報や過去の記録を読めるので、楽しみながら音読してみてください。

そして社会は特に問題が大きく変わることが無いので、どこかの書店で問題集を書てきてそれを解いていれば何とかなることが多いです。

 

数学の対策法

数学は教科書に載っている例題を全てひたすら解いていきます。

解き方のポイントも載っているので、教科書だけでどうにかなります。

目標は、教科書の例題で100点取れるまで。

その後、問題集を解いていけば全く問題なくクリアできるでしょう。

 

理科の対策法

理科は学校で出ている問題集があれば、それをしっかり解いていきます。

理科のポイントは「言葉」であり、普段は使わないような言葉が沢山出てきます(Faとか元素記号、メスシリンダーとかもそう)

まずはそれに慣れることが重要。

問題集や教科書の基礎問題でどうにかなる点は数学と同じです。

理数系というくらいですから、対策も同じなんですね!

 

英語の対策法

まずやらなければならないのが単語の暗記です。

単語が分かっていれば文章もなんとなく読めてくるので、まずは単語を覚えます。

最近はアプリなどでも憶えることが出来ますよね。

中学のテストは書いて答える事が多いので、書いて覚えましょう。

 

その後は教科書の音読で、文法や文章の構成を覚えていきます。

それと同時に、学校の問題集を解いていきます。

 

中学のテスト勉強の基本

中学のテスト勉強の基本は以下の通りです。

400点取るための勉強法
  • 教科書の音読
  • 学校の問題集を解く

 

メチャクチャ単純です。

実際、ぼくはこの2つをやっていませんでした。

問題集なんか開いたこともなかったかもしれません。

 

どんな勉強をしたらいいか、どんな対策をしたらいいか分からないので無駄で身にならない勉強をずっとしていたと感じています。

騙されたと思って、まずはこの「音読」「問題集を解く」をずっとやってみてください。

 

学校が用意したアイテムなので、効果的に決まっています。

これらを終わらせてから、ほかの問題集やほかの勉強法を試してみてくださいね!

 

 

中学生、高校生は部活やアルバイトで忙しい中勉強している!

私たちミラブロは「好きな事を仕事にして楽しんでほしい!」と思う反面、「基礎的な知識はあったほうが良い」と考えています。

 

でも学習塾などに時間やお金を取られるのはもったいないので、進研ゼミをおすすめしています。

ベネッセ 進研ゼミ 高校講座 資料請求プロモーション
進研ゼミは「効率よく、自分のペースで勉強できる」というのが1番の魅力で、部活動などで家に帰ってからも効率的に勉強できるんです。

 

教育に長年力を入れているのでノウハウも豊富なので、スキマ時間に取り組めて成績アップを目指せます。

まずは無料の資料請求から始めてみてはいかがでしょう。

今日からキミは変われます。

ベネッセ 進研ゼミ 高校講座
資料請求プロモーション

ベネッセ 進研ゼミ 中学講座
資料請求プロモーション