運動・進路 PR

スポーツで審判に文句を言う人は子供の成長を止め、損をしている

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

試合で審判に文句を言っていませんか?

  • セーフだ!アウトだ!
  • ファールだ!セーフだ!
  • あれがおかしい!これがおかしい!

 

声援を送っていて、審判のジャッジに文句を言っている親、いますよね。

そのひと、損していますよ。

審判は神様だとは言わないけれど、審判に対してヤジやブーイング、文句を言う親は、周りからも鬱陶しがられますし、子供の成長も阻害してしまいます。

 

子供のスポーツで重要な親の役割

子供のスポーツでの親の役割は、子供のサポートです。

子供はまだ何も知らない無垢な存在で、あなたの態度を見て成長します。

そんなあなたが、審判へのヤジやブーイングをしていたらどう思うでしょう?

スポーツにとって重要な『審判への敬意』がなくなってしまいます。

試合中の審判のジャッジに納得せず、文句をいう人はチーム全体の雰囲気に悪影響を与えます。

親こそ審判に敬意を持ち、接することで子供もその態度を学びます。

試合に勝っても負けても、相手チームや審判に対して敬意を払い、公平な立ち位置を保つことが親にとって非常に大切なんです。

 

ヤジはひとつも良いことがない

例えば、プロの試合で観客がブーイングやヤジを審判に飛ばして、判定が覆ったことがありますか?

ないんですよ。

それどころか、ヤジられた審判は、ヤジったチームに対して厳しい目を向けるかもしれません。

 

審判は基本的に公正な立場にいます。

審判の判定で、試合が左右することも珍しくありません。

だからこそ、審判を味方につけるべきなんです。

あなたがヤジや文句を言うことで、チームに不利な判定をされる可能性は大いにありえます。

審判だって人間なので、ムカつくチームには勝ってほしくないでしょう。

親が審判に敬意を持ち、スポーツマンシップを大切にすることで良い環境が生まれます。

あなたもチームの一員であると言うことを忘れないでください。

子供もヤジを飛ばすようになる

親がヤジを飛ばすと、子供もヤジを飛ばすようになります。

これほど見ていて見苦しいものはありませんね。

青少年の健康な発達を目指すスポーツなのに、健全な発達とは程遠い事態になります。

 

以前にもあるチームで、審判はおろか相手チームにもヤジを飛ばすチームがありました。

  • ヘタクソ!
  • 相手ビビってる!

ここには書きたくないようなヤジを小学生が飛ばすんです。

で、親を見ると親もそんな感じ。(親は自チームの子供にもヤジを飛ばしている)

 

あぁ、親が親なら子も子だなと思いました。

そんな風に周りから見られるんです。

親は子供の教育者なので、親こそがきちんとした態度で試合を見届けるべきです。

 

ヤジを飛ばす人は嫌われる

もうね、最終的にはここに行き着きます。

審判や相手チームにヤジを言ったり、文句を言う人は嫌われます。

審判に嫌われるのはもちろん、同じチームの同級生や保護者にも嫌われます。

 

もう毒親と言ってもいいかもしれません。

あなたは審判や相手チームに文句を言っていませんか?

あなた、たぶん嫌われてますよ。

 

まとめ:スポーツで審判に文句を言う人は損をしている

スポーツで審判に文句を言う人は損をしています。

子供の健全な成長を阻害しますし、チームに不利益を与えます。

しかも周りから嫌われている可能性も。

 

審判の判定に文句の1つも出るかもしれませんが、そこはグッとこらえてスポーツマンシップに乗っ取り、正々堂々と勝負することをお勧めします。

そうした親を見て育った子供は、きっと健全で健康に育つと思いますよ!

中学生女子の身長が3か月で5cm以上も伸ばすために必要なことこどもの身長が伸びないと悩んでいませんか?身長が高いとスポーツや高校受験・大学受験にも有利に働くそうです。身長が伸びると、いいことも多い。損をしないために、身長を伸ばす方法をしっかりと学んでおいてください。...