1万人のストーリー

大人でも“ギャップイヤー”を!元国家公務員Yumiのターニングポイント

人それぞれ『今』にいたるまでには、きっと何かしらの「きっかけ」や「出会い」があったはず。
たとえば高校進学時には親のすすめにうながされたり、尊敬する先生に憧れて教師になる道を選んだり…。

こういった、自分にとって重要な「きっかけ」や「出会い」のことを、大人たちは『人生のターニングポイント』と呼んでいます。

ミラブロメディアでは、この人それぞれの『ターニングポイント』にフォーカスし、たくさんの人の生き方や働き方・活動について取り上げることにしました。

その目標は、1万人
ミラブロではこれを『#1万人のストーリー』と名付けました。

 

今回の#1万人のストーリーは、私まる◎の友人であり、出会った当初はスノーボード仲間(で、たまたま元公務員仲間)だった、Yumiに協力してもらいました!

まる
まる
Yumi〜相変わらず元気そうだねー!
私自身、あらためてYumiのストーリーを聞くのがとっても楽しみ!!
Yumi
Yumi
私も楽しみ!よろしくね!!

 

#1万人のストーリー File No.31 Yumi

ーー今はどんな活動をしていますか?

まる
まる
早速だけど、Yumiってたしか去年はオーストラリアのすてきな保育園で働いてたよね?今は何をしてるの?
Yumi
Yumi
そうそう。仕事は楽しかったけどちょっと疲れちゃった。
2019年は「大人のギャップイヤー」を取って旅することにしたんだ!

ーーギャップイヤーってなに?!

まる
まる
ギャップイヤー?!
最初から知らない言葉が出てきたぞ…
ギャップイヤーとは

主に若い学生たちが、大学入学前や卒業後などに自由に過ごす期間(1年間)のこと

Yumi
Yumi
でも私は「大人だってギャップイヤーが欲しい!」と思ったの。
まる
まる
昔から、決断力と行動力がケタはずれだもんね。
Yumi
Yumi
12月で保育士の仕事を退職して「大人のギャップイヤー」を1月から開始したよ!
一度きりの人生、楽しまないとっ!
まる
まる
ゥオ!!!すごい大自然。。

それで、Yumiは「大人のギャップイヤー」をどんなふうに過ごす予定なの?

Yumi
Yumi
私の目的は、旅をしながら人と関わって、さまざまなことを見て・吸収して、今後の自分の成長へのステップになる素材集めって感じ。

今興味があることは、エコプロジェクトやスローライフ、パーマカルチャー。

まる
まる
カタカナイッパイ…
ヤギさん
ヤギさん
つまり、自然環境に寄り添いながらヒトがヒトらしく、ヤギはヤギらしく生活を楽しむにはどうしたらえぇかを考えることなんちゃう〜?
まる
まる
おぉ〜ヤギさん、なるほどね!!
持続可能エネルギーとか、自分にとってどんな生き方が自分らしいかとか、そういうことに興味があるっていうことだね。
Yumi
Yumi
そんな感じ!
そういったことを体験できるボランティアを中心に旅のプランニングをすすめているんだけど、何かワクワクすることが向こうからやってきたら、飛び乗ってみたいなぁと思ってるよ。
まる
まる
自由に生きる1年間だもんね!

▼そんなYumiの想いや体験が詰まったブログはこちら!
SUNSHINE SPIRIT https://www.sun-shine-spirit.com/

Yumi
Yumi
何かを変えたい・変わりたいという思いを抱えている人たちが、何歳であっても新しいことに挑戦する道を選ぶきっかけになったら嬉しいな。
ヤギさん
ヤギさん
それ、むっちゃえぇなぁ〜。ワイも何かに挑戦しよかな〜
まる
まる
ではここからは、一問一答形式でお伝えします!

 

ーーギャップイヤーでのやりがいとは

Yumi
Yumi
活動内容が「好きなことをすること」なので、全ての瞬間にやりがいを感じています。あえて言うなら、素晴らしいモノ、コト、ヒトと出会った時に、感動や感謝の気持ちを受けた時に特にワクワクします。

そういった想いを誰かとシェア、分かち合いたい、そして広げたいです。

 

ーー過去にはどんなお仕事をしていましたか?

高校卒業

国家公務員(7年)

オーストラリア語学留学(11か月)

英会話教室の児童英語講師(5年半)

オーストラリア専門学校入学
(チャイルドケアコース1年半)

保育園からスポンサーシップを受け保育士として勤務(4年間)

オーストラリア永住権取得

引越し先で新しい保育園に勤務(1年半)

退職

現在

まる
まる
こうやって振り返ると、公務員を辞めてから色々な経験してるんだね…

自らの決断が生み出したターニングポイント

ーー今の活動にたどり着くまでに「ターニングポイント」となった「出来事」や「出会い」について教えてください

まずは公務員時代。
みんなが羨む(?)安定の国家公務員の職に就いたわけですが、非効率な淡々と続く作業にやりがいを見いだせず。
ついに繁忙期の長時間残業や人間関係が原因のストレスで体調を崩した時、「ここは私の場所ではない。何かスキルを身に付けなければ」と思い始めました。
次のターニングポイントは、23歳の時の初めてのアメリカ海外旅行。
この時に一緒に旅をした相方が英語が堪能で、「英語を話せるって武器になる」と思ったのです。
それから少しづつ勉強を始め、26歳で公務員を辞めて語学留学するという大きな決断をするきっかけになりました。
もうひとつは、オーストラリアの永住権を手にしたこと。私も相当な努力をしましたが、色々なきっかけや出会い、運が味方して手にした夢の永住権。
これをきっかけに、海外で暮らすという選択肢が増え、人生の次のステージのスタート地点に立つことができました。

 

ーー今の仕事や活動をするにあたって努力したことや、身につけたスキルはありますか?

Yumi
Yumi
英語力。これ上げるために、たくさんの時間をかけてかなり勉強してきました。学校の課題やIELTSテストの勉強の時は、半分泣きながらでした(笑)。
Yumi
Yumi
でも、英語が話せること自体は際立ったスキルにはなりません。英語を使って何ができるかで、英語力が生きてくるのだと思います。私の場合はコミュニケーションスキル。

初対面の人と会う機会が増える「大人のギャップイヤー」。どんな風に相手の心を開いて会話を広げていくか、そんなことを今でも勉強しています。

英語への興味は子どもの頃から

ーー今の活動は、子どもの頃に好きだったことと関連性があると思いますか?具体的なエピソードがあれば教えてください

Yumi
Yumi
小学校の頃から英語に興味を持ち始め、中学校の時には英語の先生と英語で話すことが大好きでした。その頃、海外のペンフレンドも2人いて文通をしていました。
まる
まる
私がYumiと出会ったのは社会人なりたての頃だったけど、そのずっと以前から英語に興味を持っていたんだね〜

ーー趣味はありますか?今後それを仕事にしたいと思いますか?

Yumi
Yumi
写真撮影が趣味で、カメラマンを仕事にするというよりは、将来自分を表現する手段のひとつにしたいので、現在カメラの勉強中です。

ーー今後やりたいことや目標があれば教えてください

Yumi
Yumi
ワークライフバランスのとれた人生や暮らし方を実践・表現していきたいです。ワークは暮らしていくための手段であり、その暮らし(ライフ)がハッピーで喜びに満たされるべきだと信じています。
Yumi
Yumi
現実には、オーバーワークでライフの部分の大切さを見失っている、かつての自分と同じような状況から抜け出せずにいる人もまだまだ少なくないです。必要な人が必要な時にメッセージを受け取ってくれたら、と願いながら表現活動をしていきたいです。
まる
まる
ちょうどこないだ、Yumiのブログがきっかけで、Yumiと同じように永住権を獲得した人がいたって言ってたよね!

 

[tweet 1114847581773807617 align=’center’]

 

Yumi
Yumi
そうそう。
こんなふうに自分の発信をきっかけに、一人でも多くの人がワークライフバランスのとれた暮らしを未来に生きる子どもたちに示すことで、幸せの伝染が広がったら最高です!
まる
まる
私自身も毎度Yumiには触発されてばかり。

 

ーー今後やりたいことや目標があれば教えてください

Yumi
Yumi
英語発音指導レッスン(フォニックス)を行っていて、今後も継続させたいです。
私たちが学生だったころは学校で教えてもらえなかったけれど、英語学習者にとって大きくプラスになるフォニックスです。

 

ーー読者(悩める中高生)へのメッセージをお願いします!

人生の中で分かれ道に立った時に何を選択するか。どんな選択だって勇気のいる決断ですが、間違った選択はありません。もしかしたら近道かも、もしかしたら遠回りかも。どちらの選択も実は正解なんです。

道を決めたらそのボートに乗って漕ぎ出してみてください。
するとボートは、水の力や風の力を借りながら進んでいきます。思い描いていた場所とは違うところにたどり着くかもしれませんが、助けが必要な時には助けの手がやってくるのです。

もしかしたら違うボートに出会って、また別の航海が始まるかもしれません。

でも、ボートに乗らないことには航海は始まらないんです。

All the best!!

編集後記

Yumiと知り合ったのはもう20年近く前ですが、出会った当時は2人とも公務員でした。
当時から愚痴を言い合ったこともなく、辞めるにあたって相談をしたこともなく、今思えばいつもお互いに「前だけを見ていた」印象。

それは今も変わらずで、常々連絡を取り合っているわけではないけれど、ふと「今なにしてるかな」と気になる存在です。

大人になっても『不安定』を楽しむって、サイコーですよね。

筆者:まる

#1万人のストーリー募集中!

中高生が安心して「今」を楽しめるように、ミラブロはできるだけ大勢の「ターニングポイント」を募集しています。
自薦他薦は問いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください!

↓↓ご応募はこちらから↓↓

#1万人のストーリーに協力する!

では、次回もおたのしみに〜!!

ヤギ
ヤギ
最後まで読んでくれて、おおきに〜♪

ワイのTwitter(@mirablo_pj)もフォローしてメェ〜🐐