1万人のストーリー

「少数派が生きやすい世の中をつくりたい」15歳・細田朋宏のターニングポイント

人それぞれ『今』にいたるまでには、きっと何かしらの「きっかけ」や「出会い」があったはず。

たとえば高校進学時には親のすすめにうながされたり、尊敬する先生に憧れて教師になる道を選んだり…。

こういった、自分にとって重要な「きっかけ」や「出会い」のことを、大人たちは『人生のターニングポイント』と呼んでいます。

新しくなったミラブロメディアでは、この『ターニングポイント』にフォーカスし、たくさんの人の生き方や働き方・活動について取り上げることにしました。

その目標は、なんと1万人
ミラブロではこれを『#1万人のストーリー』と名付けました。

 

今回ターニングポイントをご紹介する細田朋宏さんは、この春から通信制の高校に入学が決まっている15歳。
事前にお願いしていたインタビューシートにビッシリの回答で、しかも15歳なのに政治への興味や想いは大人顔負け!!!

ヤギ
ヤギ
「政治」というカテゴリーに尻込みするメンバーもおったけど、まる◎さんは最初から細田さんに興味津々やったなぁ〜
そうなのー!小学6年生のうちの長男に、すごく近いナニカを感じたんだよね。

心の奥のほうから突き動かされるような細田さんの3つのターニングポイント、ぜひじっくりお読みください。読み終わる頃には、きっと心があったかくなりますよ!

#1万人のストーリー File No.14 細田朋宏

ーー今はどんな活動をしていますか?

政治や朝鮮半島情勢について論文誌や研究者・記者のTwitterなどで情報取集しています。

 

ーー具体的な活動内容を教えてください。

  • 全国高校生未来会議に参加予定
  • 朝鮮半島情勢関係では昨年行われた朝鮮半島情勢をテーマにした防衛省シンポジウムに参加し専門家の方々の分析を聞いた
  • また国際政治の論文誌フォーリンアフェアーズリポートを購読し様々な地域の問題や今後の展望を学んでいる

 

全国高校生未来会議とは

全国から一般公募・選抜された高校生200名が「各都道府県の代表」として、これからの未来を見据えた政策等を社会や政治家に提言する合宿型のアイデアプランコンテスト

 

政治関係では音喜多駿東京都議会議員が結党したあたらしい党の党友になっています。
恥ずかしながら政治関連にうとい私ですけども、おときた議員て確かSNSの活用や情報発信が上手なんだよね〜(と聞いたことがある)

 

ーー細田さんのこれまでのことについて、教えてください。

中学校入学数か月で不登校になり、その後精神科に入院➡退院後、異才発掘プロジェクトROCKETに参加し様々な経験をする➡高校には進学しなかったものの今春1年遅れで通信制高校入学予定

 

人生を大きく動かした、3つのターニングポイント

ーー今の活動にたどり着くまでに「ターニングポイント」となった「出来事」や「出会い」について教えてください。

 

【その1:小学校3年の担任との出会い】
今の自分を形作っている出会いは小学校3年の時の担任の先生です。
それまで自分が変わっていることもあってか、先生に自分を認めてもらえていると感じたことがありませんでした。

しかしその先生は自分のいいところを聞かれて「変わっているところ」と言ってくれました。その言葉は今も心に刻まれています。その言葉がなかったら自分のことを認めることはなかったと思います。

うちの息子と似てる部分、ココかもしれない!うちの子も同じような経験をして、親としてもすっごく救われたのを思い出した!

 

【その2:全盲の方との出会い】

全盲の方との出会い

2つ目のターニングポイントは、全盲の方の話を聞いたことです。

その方の話を聞くまで全盲の方は生きにくく暗い人が多いのではないかと思っていました。
しかし実際は暗いどころかとてもたくましく生きているように思えました。
そしてその方の「自分にしかできないことをやったほうがいい」という趣旨の言葉が、とても心に響きました。
その言葉で自分の夢が少しクリアになりました。

 

【その3:旅に出て知った「感動」と「幸せ」】

3つめは1週間北海道を1日1000円の食費で旅をしたことです。
食費も少なく空腹に耐えていましたが、偶々たまたま上げていただいた家でお餅などをご馳走になった際、寒い環境だったので暖かさや空腹が満たされたことによって、初めて幸せという感情を感じました。

その時に感じた感動や幸せを、どんな人でも感じてほしいと思うようになりました。

 

同世代だから伝えたい、熱い想いがここにある

ーー趣味はありますか?今後それを仕事にしたいと思いますか?

趣味は、政治・朝鮮半島ウォッチです。仕事にしたいと思っています。

 

ーー今後やりたいことや目標があれば教えてください

自分が感じた幸せをどんな環境にいる人でも感じてほしい。
少数派の人でもその機会を手に入れてほしい。

そのために政治家になって少数派の人も生きやすい、幸せな世の中を作りたいと考えています。

 

ーー読者(悩める中高生)へのメッセージをお願いします!

私も同じ年代ですが、自分の感じたことを大切にしてほしいと思います。
自分の命や心はとても大切だと思います。
命や心をダメにしてしまいたくなるほど辛い環境があるなら、逃げてください。

「一度逃げてしまったら人生がダメになってしまう」
そんなことはないと思います。

私自身、中学校がとても辛く精神的に辛くなってしまいました。
だからこそ、そう伝えたい。
「自分がこう感じた」
「こうしたい」
そんな感情をわずかでも感じたら、それを大切にしてほしいと思います。

 

編集後記

いかがでしたか?
通常、この#1万人のストーリーは会話形式から始まり、途中も少しこちらで編集させていただくのですが、今回はほとんど編集なしで細田さんにお寄せいただいた言葉のまま掲載しています。

どれもメッセージ性が強く、あたたかい言葉ばかり。
中でも私は、この2つのフレーズが好きです。

自分が感じた幸せをどんな環境にいる人でも感じてほしい。
少数派の人でもその機会を手に入れてほしい。

みなさんの心に響いた言葉はどれでしたか?
細田さん、たくさんのメッセージをありがとうございました。

筆者:まる◎

毎度編集を終えるたびに感動しちゃうんです。#1万人のストーリー、ほんと楽しい!

#1万人のストーリー募集中!

中高生が安心して「今」を楽しめるように、ミラブロはできるだけ大勢の「ターニングポイント」を募集しています。
自薦他薦は問いませんので、ぜひお気軽にご連絡ください!

↓↓ご応募はこちらから↓↓

#1万人のストーリーに協力する!

では、次回もおたのしみに〜!!

ヤギ
ヤギ
最後まで読んでくれて、おおきに〜♪

ワイのTwitter(@mirablo_pj)もフォローしてメェ〜🐐

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です