運動・進路

こどもが捻挫・怪我をした!親でもすぐにできる応急処置の方法

こんにちは、理学療法士のキム兄です。

私は理学療法士という仕事をしている傍ら、子どものスポーツに関しても指導を行っています。

スポーツをしているこどもにとって、ケガは付き物です。

こどもに特に多いケガ
  1. 足・手首の捻挫
  2. 肩・腰痛
  3. 突き指

このような軽微なケガも、すぐに応急処置をすれば大事に至りませんし、競技復帰が早くなります。

今回は、そのような急に起こった子供たちの怪我、今回は特に多い捻挫に対して、親がどのような対応をすればいいのか説明します。

もちろん、捻挫以外にも腰痛・肩痛・ひざ痛・肉離れ・打撲などにも役に立ちます。

これを知っているだけで、けがの後遺症を予防したり、練習に遅れることもなくなると思います。

 

こどもが捻挫をしたらRICE処置(ライス処置)をしよう!

RICE処置とは、ケガをしてすぐに実践すべき4つの処置の頭文字を取ったものです。

  • Rest(安静)
  • Icing(冷却)
  • Compression(圧迫)
  • Elevation(拳上)

この頭文字をつなげて「RICE」と言います。

RICE処置を、ケガをしたら可及的速やかに実施することで、痛めた部位の腫れや熱感、痛みを抑えることが出来るんです。

私のような理学療法士をはじめ、スポーツトレーナー・柔道整復師など、ほとんどの医療者が知っていることです。

RICE処置を行ってから病院に行くのと、何もしないで病院に行くのではその後の予後が全く違います。

RICE処置をした子供のほうが治りも早く、痛みの後遺症も少ないと言われています。

また、ケガをした直後にRICE処置を行う事で、軽いケガなら2~3日で良くなります。

このRICE処置を、親のあなたが知っているかどうかで、こどものケガの長引き方が全然違うので、ぜひ覚えていってください。

 

Rest(安静)

捻挫などのケガをした場合、安静にします。

安静と言っても、ベッドに横になって動かないことではなく、その関節を可能な限り動かさないことを言います。

ケガをして患部を動かすと、ケガが悪化したり痛みが増加するのはなんとなくわかると思います。

捻挫をしたら歩かない・体重をかけないことが重要です。

安静の効果は

  1. 症状の悪化を防ぐ

と言われています。

スラムダンクでも赤木キャプテンが足を捻挫した時にわざわざ松葉杖を借りていたのを覚えている人はいますか?

あれもRICE処置の一環です。

また、昔は突き指をしたら指を引っ張ればよい、という時代もありましたが、そんなものはウソです。

絶対にしないでください。

 

Icing(冷却)

ケガをした直後、幹部は「炎症」という症状が出ます。

その症状を緩和させるために、患部を冷やします。

冷やし方は氷嚢(ひょうのう)という袋に水と氷を入れ空気を抜きます。

そして、患部に10分程度当てるんです。

その後、30分以上離して、痛みが出てきたらまた患部に当てます。

これを繰り返すことで、炎症症状が落ち着いていき、痛みが長引くのを防いでくれるんです。

冷却の効果は

  1. 血管を収縮させ、内出血の拡大を予防する
  2. 冷たくすると感覚が鈍くなり痛みを感じにくくする

と言われています。

冷やす際には、アシックスの氷嚢が使いやすくておすすめ。

氷を直接当てたり、ビニール袋に氷を入れて使うと凍傷になる危険もあるので、専門品を購入しておくことをおすすめします。

また、氷のみだと温度が下がりすぎるので、必ず水も入れて0度以下にならないようにしてください。

ちなみに、湿布は冷たく感じますがメンソールが効いてるだけなので実際には冷却効果はありません。

アシックス 氷嚢 氷のう アイシングカラーシグナルアイスバッグ M【TJ2201】熱中症対策
by カエレバ

 

Compression(圧迫)

ケガをした部位を、軽く圧迫します。

手で押さえてもいいのですが、伸縮性のある包帯などで患部を巻くといいですね。

圧迫の効果は

  1. 内出血を起こした患部の腫れを防ぐ

と言われています。

冷やすだけでは防ぎきれない、内出血を予防する重要な手段が圧迫になります。

肘や膝などはサポーターを使うのもお勧め。

氷嚢を乗せた上から、弾性包帯でグルグル巻くと良いですよ。

プロ野球のピッチャーも良くやってますよね。

 

MINGYUE伸縮包帯 弾性包帯 テーピングテープ 自己粘着性 7.5cm×6rolls 手で切れる(肌色)
by カエレバ

 

Elevation(拳上)

挙上(きょじょう)は患部を高く上げることです。

できれば心臓より高い位置に置くといいです。

挙上の効果は

  1. 心臓よりも高くすることで血液が心臓に戻りやすくなる
  2. 血液や組織液が手や足に貯まらないようになる

と言われています。

患部を挙上することで血液循環を促し、汚れた血液を心臓に戻し、新鮮な血液と入れ替えることで回復を狙えます。

できれば24時間は挙上しておいた方がいいらしいですが、なかなか難しいとおもうので、出来るだけ持ち上げておく程度で良いと思います。

 

こどものケガの処置「RICE処置」まとめ

  • Rest(安静)
  • Icing(冷却)
  • Compression(圧迫)
  • Elevation(拳上)

RICE処置はトッププロチームのドクターも実践している応急処置です。

こどものチームだからといって、ケガを甘く見ずに適切な処置を行う事が必要です。

どうしても覚えられない場合は「動かさない」「冷やす」の2つだけでもやってあげてください。

これだけでずいぶんと予後がかわってきます。

こどものスポーツ寿命を延ばすために、ぜひ試してみてください。

特に個人でも、こちらの道具を持っておくことをおすすめします。

チームで持っておくとなお良いですね。

ケガをしにくい体づくりは、こちらの記事でもご紹介しています。

ぜひご参照ください。

あわせて読みたい
【バレー・バスケ】子供の身長を伸ばして怪我をしにくい体を作る方法こんにちは、理学療法士のキム兄です。 私は理学療法士という仕事をしている傍ら、子どものスポーツに関しても指導を行っています。 子供の...

 

怪我をしない体づくりは栄養補給が大切

ケガをしにくい体づくりには、毎日の栄養補給がとても重要です。

カルシウムやマグネシウムを始めとした、骨や筋肉を強くする栄養素は毎日の食事からはなかなか摂取できません。

そこで、サプリメントを併用することで、こどもの成長を促し、丈夫な体づくりをサポートするのがおすすめ。

ここでは、スポーツをしている子供におすすめのサプリメントをご紹介します。

 

ノビルン




「ノビルン」>>詳しくはこちら

カルシウムとマグネシウムを配合し、価格は手頃で、ラムネ形状なのでお菓子のように食べやすいのが魅力。

偏食のこどもにとてもおすすめ!

こどもの成長に必要な12種類も栄養が入ってるし、理想のバランスで栄養補給できます。

しかも初回は割引されるので、初めての方におすすめできます。

あわせて読みたい
【中学生・高校生】女子でもOK!身長を伸ばす方法『ノビルン』の効果は?口コミや評判スポーツをやってると、子どもの身長を伸ばしたいと思う親は多いと思います。成長期なのに周りの子供と比べて自分の子供の背が低いと、心配している親も多いです。ノビルンはモンドセレクション6年連続金賞受賞した子ども成長応援サプリです。...

 

ピュアアルギニンリキッド



ピュアアルギニンリキッド

プロバレーボールチームが成分分析のプロに開発依頼した正真正銘ガチの成長サプリで、アルギニンの本当の力を引き出す特許製法により大人もその凄さを実感出来ます。

デメリットとして、値段の高さが挙げられますが、他の成長サプリメントと比較し、アルギニンをはじめとする成分の含有量が圧倒的に多いこと。

スポーツ団体も使っているサプリで、子ども用サプリメントとしては効果も早く、本格的にスポーツをやる子には最適だと思います。

全国レベルのスポーツを全力でサポートするのにおすすめ!

 

アップグレードPRO




スポーツ少年の成長期をサポート【アップグレードPRO】

プロテインタイプですが、飲みやすく吸収も良いのが特徴です。

水や牛乳に溶かす必要があるので少し面倒ですが、飽きずに飲めるし吸収しやすいので効果も出やすいと思います。

コスパもいいので、プロテイン系で悩んだらまずこちらから始めてみてはいかがでしょうか。

体を大きくしたい中高生に特におすすめできるサプリメントです。